感情表現程度に抑える

若作りはしない方がいい

男性が送るメッセージの中で絵文字だらけのメールを送ってしまうのはあまりよくありません。特に年配の方が若者と付き合うために絵文字だらけメッセージを送ると言うのは若作りしているとかチャらいと思われたり年相応なメールをして欲しいと思います。

もちろん絵文字や顔文字とかを送ること自体を悪いと言うわけではありません。しかし、やはり使いすぎるのはよくありませんよね。中にはギャル文字を送ってきたり、若者の言葉のように「自分は」を『自分わ』みたいな形で若者が使うような文章を使うのは学がないと思われてしまいます。

若い人に合わせるというよりかはある程度年齢を重ねているのであれば落ち着いた印象を与えたほうがいいですよね。特に男性が年上のケースでやり取りをするときにはギャル文字や絵文字をたくさん使われた形でメールが届いたら引いてしまいます。

若い人と付き合いたいからと言って若者と同じ土俵に立つのではなくて大人としての魅力を演出したほうがいいと思います。絵文字を使うときは大体感情を表現するときだったり、顔文字などもよっぽどの時に使うときのほうがいいと思います。

若い人と付き合いたいと思いたいからといって若者に合わせるのではなくて自分のペースでやり取りをしていたほうが良いです。特に女性の場合は大人の男性にあこがれる人のほうが多いです。

精神年齢でいった10歳ぐらい違うと言いますから年齢が離れていると言っても会話は出来るものです。