大事なものは書面で届く

一人で判断しないで相談する

メールが届いて開いてみたらいきなりすごい堅苦しい文章でちゃんとした公的機関のような場所からメールでお金が未払いとなっているので法的手続きをとって請求をしています。

みたいなよくわからないけれど請求されてしまって怖くなってしまってお金を支払ってしまったというケースがあります。出会い系サイト利用料金が支払われていませんと言った形でメールが突然送られてきたらビックリしてしまいますよね。

公的文書のような小難しい言葉がられつしていたら誰だって本当に払わなければいけないものだと思ってしまいます。しかし、これも架空請求メールというサクラがよく使う典型的なメールの一つです。

まずはこういった文章にはいかにも法律関係の事務所の記載があったり、会社名が記入されていますのでその部分をインターネットで調べてみましょう。

すぐに悪徳業者だということが分かると思います。お金を支払うということはせずに調べるという行動を取るようにしてください。悪徳業者の手口だと分かったら無視してもらっても構いません。

また支払い請求などの大事なものは必ず最初に書類で届いて重要なものですと届くと思います。書類で届いているのかどうかの確認が必要です。

さらに身に覚えがないものでも不安だという人は消費者センターなどに相談しましょう。

とにかくすぐにお金を払うということはやめて何度か催促されて初めて判断するぐらいの気持ちでもいいと思います。

ただし、身に覚えがあるのであればキチンと支払うようにしなくてはいけません。