ケチったりしない

読み手の気持ちを考える

出会い系サイトを利用するときに有料の出会い系サイトを利用しているときは一回のメールにお金がかかりますよね。そのためなるべくならば回数を減らしたいと考えるのは当然の考え方です。

しかし、だからと言って一回のメールで長すぎる文章を送ってしまったら相手は見るのが面倒になってしまいますよね。一回や二回のメールであれば問題ないかもしれませんが、毎回見るのが面倒と感じてしまうような文章を送られてしまったら滅入ってしまいます。

送っている側は濃密な文章を考えて満足しているかもしれませんが、受け取った側としてはこんな長い文章を見なければいけないの?って思ってしまいますし、これを見るのも時間がかかりますし、それに対してコメントを課すのも面倒と感じてしまいます。

送ったから良いと言うのは一方的な考え方に他なりません。大切なのは受け取った側にとって見やすくて分かりやすい文章なのかどうかです。また受け取った側も長文で返さなくてはいけないのか?っていう感覚に陥ってしまいます。毎回長文の文章を考えるのは面倒です。

メールと言うのは手軽にコミュニケーションを取るものなのに面倒と感じてしまってはそこから出会いに発展する可能性はなくなってしまいます。

メールの回数をケチっていたらいつまでたっても出会うことはできません。