相手にしないこと

もしかしたらという気持ちを突いてくる

悪徳業者のサクラとして多いのが芸能人や有名人になりすまして利用者に近づいてきて利用者を騙した利する手口が多いです。実際に男女問わず被害にあっている方が結構居るのがなりすましなのですが、普段は冷静に考えれば自分に芸能人からメッセージがくるわけがないと思いますし、興味のある芸能人でなければ相手にしないと思います。

しかし、自分が大好きだと思えるような芸能人や今波に乗って話題に上がっている有名人などからメッセージがきたらありえないと思いながらも心のどこかでもしかしたらという気持ちになってしまうのです。

うそだと分かっていてもやり取りをしてみたくなってしまうものです。そういった気持ちが強くなってもしかしたらを自分でいい方向に転換させてしまって99%うそかもしれないけど1%の確率で本人かもしれないと言う気持ちが働いてしまうのです。

1%の確率で例え本人が出会い系サイトを利用していたとしてもそのほかの99%がサクラと言うことになります。そしてその1%の確率で芸能人の人が何十万人と利用している中で自分のところにメッセージを送ると思いますか?

可能性で考えたらもう何百万分の一というレベルでは済まされないぐらいの確率ですよね。

さらに言えば芸能人というのはイメージ商売ですし、イメージダウンに繋がるような事はしたくないわけで出会い系サイトがイメージアップにつながるとは思えませんよね。

騙されることのほうが多いのにも関わらずわざわざ自分から罠に引っかかるようなことはしたくないですよね。こういったメッセージがきたらまずはサクラだと思うことが大切です。